握手

企業の合併をサポートする

企業が合併を目指す場合、色々と複雑な問題をクリアする必要があります。その時にM&A専門会社に仲介を委託します。メリットは合併先の企業を見つけやすいことです。合併の場合、オーナーの強力なリーダーシップが必要です。消滅する企業の従業員の同意も必要です。それらの複雑な問題をクリアすることができます。

オフィス

企業の復活と成長

経営がうまくいっていない企業を買収し、合併して救済する方法がM&Aです。M&Aを行うことで、買取を行った企業では事業が拡大でき、売った企業は、資金集めがしやすくなったことで十分な利益を確保することができるといった点でそれぞれにメリットがあります。またほかにもたくさんの魅力があります。

男の人

企業買収による利点

M&Aには様々なメリットがあります。一つ目は手っ取り早く業容を拡大することができるということ、二つ目はシナジー効果により大きな利益を上げることができること、三つ目は他社の優秀な人材を迎え入れることができることです。

企業買収で得られるものは

ビル

様々な恩恵を活かす

経済のニュースでよく耳にする「M&A」という言葉は、企業間の統合や買収を指す言葉です。M&Aでは企業合併と株式譲渡の2種類があり、企業合併は2つの会社がひとつになること、株式譲渡は買収先企業の株式の過半数を取得することです。 売却される会社が合併で消滅する企業合併に対し、株式譲渡は売却される企業も存続できることから、日本では特に中小企業において、株式譲渡が主流となっています。さて、そんなM&Aですが、一体どういうメリットがあるのでしょうか。 まず、最も大きなメリットは、事業拡大や新規参入がしやすくなる点です。新たな事業を展開したり、新しい分野に参入したくても、設備を導入するコストもなければ知識もなく、技術もなければ人もいない。そうなれば、多額の資金や膨大な時間と労力を使って準備しなければなりません。 そこで、M&Aを行えば買収先の企業の設備をそのまま使うことが出来るので、設備投資を抑えることができ、知識や技術も継承してもらうことができます。更に、優秀な人材がいれば、その人材を獲得することができ、会社の発展にも大きく貢献することができます。 そして、通常であれば準備に多額の資金と膨大な時間と労力が必要であったわけですが、M&Aによって、それらを節減することができました。これが、M&Aにおける最大のメリットです。 また、売却側としても、中小企業では後継者の問題を抱えているところもありますが、M&Aによって今後の会社の存続の目処が立ち、事業が継続できる点も大きなメリットといえるでしょう。 M&Aを行えば、会社の規模も拡大され、それだけ様々なチャンスに恵まれるでしょう。他方、顧客や取引先、そして社員も増えるわけですから、多くの責任を負わなければならなくなります。 M&Aのメリットを各企業がうまく活用してリスクを減らし、それが日本経済の好循環につながることが、求められています。