企業の復活と成長

オフィス

企業の合併と買収

M&Aは新規事業の立ち上げや、新しい市場への参入だけでなく、既存事業を統合したり経営不振な企業を救済する手段でもあります。買い手企業からすれば事業規模を拡大する事ができ、売手企業の経営資源を利用しながら事業の規模を大きくしていくことが可能になるのです。売手企業の方からすれば、資金調達がしやすくなったり、利潤を確保する事ができるのでお互いにとって大きなメリットのある方法と言えます。M&Aを行う方法としては株式譲渡を行い、売手の会社が買い手の会社の子会社となります。合併によって単独でよりも、大きい効果を生み出しうるというのがM&Aの最大の特徴とメリットです。さらに市場に対する様々なノウハウや、企業の知名度や信頼度を回復し、活用する事が出来ます。その他にも仕入コストや販売コストなどの合理化を行い、コストを削減する事も可能です。そしてなんといってもM&Aの最大のメリットは、リスクを分散する事で企業の業績を安定化することが可能になるという事でしょう。今までは自社だけで推し進めていた事業を、さまざまなノウハウを吸収する事で拡大していくことが可能になります。勿論財務力も強化され、資金調達力が上がり、更に収益率をあげ、会社規模を拡大する事が出来るのです。そしてM&A後は拠点が増えることによって、企業グループ全体で新しいキャリアを形成していくことが出来ます。雇用の確保や地域交流による経済活動の活発化から、地域社会への発展というメリットも見逃せません。